理念と目標

教育・保育理念

「現在(いま)」を見つめ、その子の心もちにのみ、その子があることを大切にし、そのひとつひとつの小さな芽を受けとめ、やわらかな光で包みたい。
そして、そのひとつひとつの芽が 、いつかこの大地にしっかりと根を張り、枝葉を伸ばし、自分らしく輝ける木となるように。

「子どもの健やかな成長」を願う時、今(現在)あるがままのその子の思いや姿を受け止め、認め、支えるという関わりが子どもの情緒の安定や人との信頼関係を築いていく土台づくりと考えます。子どもにとって、ともに生きるまわりの人(親・保育者・子ども)は、いろいろな自分を映し返してくれる存在でもあります。まわりの人から主体として尊重されてこそ、子どもは自分を肯定する心と他者を信頼する心を育むようになります。互いを尊重しあう関係を培い、一人ひとりの成長を前向きな思いで関わり、柔らかい光で包むと「小さな芽」はやがて、大地にしっかりと根を張り、その子らしい木になるという願いが込められています。

教育・保育目標

今(現在)を最もよく生きる望ましい力の基礎を培う
〝私は私 そして私はみんなの中の私〟
児童家庭福祉の理念に基づき、養護と教育を一体とした教育・保育を行う中で、
保護者との連携を図り、子どもの最善の利益を尊重する。
地域社会との連携を深め、子育て支援環境を進めていく。

  • 〒920-0226 石川県金沢市粟崎町タ1-1
    TEL 076-238-2061 FAX 076-238-2386